就活メールを送る・返信する時間帯とタイミング

就職活動(就活)において、
就職を希望する企業(会社)の説明会や応募の
アポイントメントはもちろん、お礼状・選考時・面接時など、
日程変更・キャンセルや辞退・断りメール、内定承諾メールなど、
多くの場面で採用人事宛にE-メールを使うようになりました。

メールを貰った際の返信でも、
こちらからメールを送る際でも、
気を付けておきたいものの1つとして、
【時間】というものがあります。

例えば、営業マンの場合、
電話の場合忙しい始業時
昼休み中の正午から1時間程度
帰られる予定の16半時以降には、
基本、電話をしない方が良い
されています。

同じように就活時の電話でも
同じことが言えますが、
メールの場合は若干異なります。

メールはいつでも見れますので、
就活時のメール時期や時間帯
気にせず送ってしまって問題ありません

しかしながら【返信時間】
確認するべきです。
ビジネスメールは24時間以内
企業へのメールを返すのがマナーです

遅くとも貰ったメールの次の日まで
リミットだと思ってください。

理由としてはメールを送るメリットは、
「手軽さ」「迅速性」です。
もしも、メールをすぐに送り返さない場合は、
その「手軽さ」も「迅速性」のメリットも
効果が薄くなってしまいます。

数日遅れてしまったのならば、
それでは手書きの【手紙】にしてしまって
送った方が良い反応を得られます

企業にメールを送る際は、
迅速性を持って、返信メールをしていきましょう。

では次項に関しましては、
メールでの質問時に良くやってしまいがちな失敗
1つ書かせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です