添付メールを送る際の注意点

就職活動(就活)において、
就職を希望する企業(会社)の資料請求や会社訪問の
アポイントメントはもちろん、お礼状・打合せ・連絡など、
多くの場面でE-メールを使うようになりました。

Eメールでメールを送る際に、
時々「添付メール」で書類や
履歴書・職務経歴書・エントリーシート(es)と
いったものを送らないといけない時は
あるかと思います。

こういった添付メールの送り方として
注意しておきたい点3つあります

1つ目は添付のし忘れです。
社会人の方でも、やりがちなミスの1つです。

「履歴書を送付させて頂きます」と書かれているのに、
しばしばファイルが添付されていない
メールを送る就活生がいらっしゃいます。

文章を書きあげたことだけに満足して、
添付作業を忘れてしまう方
いらっしゃるかと思います。
まずファイルを貼り付けてから
書き始めるようにしましょう。

2点目に重すぎるファイル
メールで送らないようにしましょう。

今は光回線の企業(会社)が多いので、
ある程度の大きいファイルでも
届くようになりましたが、
それでもいきなり10MBを超えるなどの
サイズの大きなファイルを送信するのは
マナー違反です。

ファイルサイズが大きすぎると、
企業側のメールフィルターシステムで、
排除されることもあります

もしも本当に送る必要があるのなら、
担当者の方に「送っても良いですか?」
事前の確認をするか
無料のパスワード付きの
アップローダーを利用するようにしましょう。

※アップローダーとは
アップローダーにアクセスして
公開したいファイルのアップロードを行うと、
サーバ上にファイルは保管され
ダウンロード可能な状態になるものです。

ほとんどのアップローダーは
削除機能を持つので任意のタイミングで
ファイルの公開を止めることができます。
重たいファイルでも、これならファイルを送れます。

最後の3点目に注意したいことは、
送るファイル自体の中身です。

添付することばかりを気にしてしまって、
書類の方に誤字脱字があったり、
添削する前の書類を送ってしまったり、

添付ファイル自身に不備があること
良くありますので、出来る限り
送る書類にも確認しましょう。

では次項に関しましては、
メールの返信・送信タイミングについて、
書いていこうかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です