メールに略字は使うべきなのか?

就職活動(就活)において、
就職を希望する企業(会社)の説明会や応募の
アポイントメントはもちろん、お礼状・選考時・面接時など、
日程変更・キャンセルや辞退・断りメール、内定承諾メールなど、
多くの場面で採用人事宛にE-メールを使うようになりました。

文章を書く際には略字を使う方
いらっしゃるかと思います。

ですがビジネス上でも、就活マナーでも、
文章で略字を書くのは、
メールの場合でも、手紙の場合でも、
封筒に書く際でも止めるべきです。

特に担当者・企業へのメールの送り方としては
略語を使うことは避けましょう

例えば、株式会社を(株)にしたり、
同じように有限会社を(有)にしたりするのは、
避けるべきです。

もちろん、ビジネス略語は知っておけば、
何かと使い勝手が良いのは確かですが、
自社内や仲間内で使うのなら大丈夫です。

しかしながら、部外者他社への文書や契約書で
略字は使うことは時に失礼と感じる方
いらっしゃいますので、使わない方が無難です。

(株)の表示の仕方もそうですが、
「朝一」や「午後一」という
表現も避けるべきです。

朝一は、朝一番はじめという意味で
会社の始業時間が9時なら、
9時のことを指す言葉です。

同じく、午後一というのは、
午後の一番はじめ、昼休みが終わってすぐなので
多くの会社では午後1時ごろになります。

こういった言葉もありますが、
「曖昧な表現になる言葉」避けましょう

このように手紙やメールを送る際でも、
略字・略語は使わない方が無難と言えますので、
注意しましょう。

では次項につきましては、
間違えやすい「敬語」について
書かせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です