緊急性が高いメールはなるべく避けよう!2

就職活動(就活)において、
就職を希望する企業(会社)の説明会や応募の
アポイントメントはもちろん、お礼状・選考時・面接時など、
日程変更・キャンセルや辞退・断りメール、内定承諾メールなど、
多くの場面で採用人事宛にE-メールを使うようになりました。

メールを送る際に、
気を付けたいものとして
【誤字脱字】というものがあります。

誤字脱字はチェックしたら、
全てが全て、誤字脱字が
無くなるわけではありません。

しかしながら、誤字脱字は、
メールにしても、書類にしても
避けるべきことです。

特に社会人になり、
契約書関連請求書関連
誤字脱字となれば、
会社としても大損害になります。

そうならないように
誤字脱字のチェックは重要です。

誤字脱字のチェックをする際は、
1人でも手っ取り早く確認する方法は、
その書いた文章を【音読】する方法です。

声を出して文章を読み上げて
何も引っかからずに読めるか
ためしてみます。

誤字脱字があれば、
引っかかったり、読めなかったりしますので、
こういった声を出して確認する方法があります。

また重要度が低いメールでは、
あまり必要ありませんが、
重要度が高いメールでは、
【ダブルチェック】をするという手があります。

1人で確認するのではなく、
誰か別の方も確認してもらう方法です。
ただ、この方法は手間暇がかかるので、
緊急性が高く、すぐに送らないといけなさそうな
メールの場合は、すぐに送ってしまうか、
メールを送らず、電話をかけて
担当者に直接メールの送信内容を言ったりしましょう。

書類でも、メールでも、
誤字脱字には注意が必要です。

では次項に関しましては、
使ってはいけない略字について見てこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です