緊急性が高いメールはなるべく避けよう!

就職活動(就活)において、
就職を希望する企業(会社)の説明会や応募の
アポイントメントはもちろん、お礼状・選考時・面接時など、
日程変更・キャンセルや辞退・断りメール、内定承諾メールなど、
多くの場面で採用人事宛にE-メールを使うようになりました。

就活時でも、社会人になってからでも、
メールを送る際に注意するべきことは、
そのメールが「緊急性が高いかどうか」です。

例えば、説明会内定式が明日にあったとしたら、
日程調整や日程変更のことで
メールを送ったり、返信しているようでは
遅い場合があります。

前日遅い時間や、
当日の予定変更や緊急の連絡には
メールを使ってはいけません

担当者がメールを確認できる状態とは
限りませんので、
メールを見ていない可能性があります。
話しづらい内容でも、電話をするべきです。

相手から緊急性が高いメール
来た場合も同じです。
返信するのではなくて、
なるべくなら電話で連絡しましょう。

ビジネスメールを送る際は、
重要性がそこまで高くないメールや
緊急性を要さないメール
送る形にするべきです。

とは言え、緊急性を要さないメールでも、
「メールは、原則24時間以内に返す」
ことが大切ですし、
毎日1度メールのチェックをするべきです。

すぐに回答ができない内容の場合は、
必ず1度返信しましょう。

「お待たせして申し訳ありませんが、
○日までには改めてご連絡いたします。」

とします。何らかの都合で
メールを見られないことがあったとしても
メールを貰ってから2日以内には
返信するべきです。

何事も迅速に行動していきましょう。

では次項につきましては、
誤字脱字のチェックに関することを
書かせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です