就活メールは今や常識?

就職活動(就活)において、
就職を希望する会社の資料請求や会社訪問の
アポイントメントはもちろん、お礼状・打合せ・連絡など、
多くの場面でE-メールを使うようになりました。

採用する側の企業(会社)では、
電話面接時の態度と同様に、
メールの内容もチェックしていることも多いので、
就職活動メールにも気を抜くことはできません

就活生の方や、リクルーターなどと
メールのやり取りをする機会も
多くなってきたかと思います。

社会人の方にメールなんて送ったことがない
私が送っているメールも非常識なのでは?
と思っている方も、もしかしたら
いらっしゃるかもしれません。

就活の際に企業(会社)や相手に
メール返信質問を送る際にも
ある程度のルールとマナーが存在します。

では就職する際の
メールマナーというのは
どうするべきなのでしょうか?

まずメールを送る際に重要なことは、
メールタイトル(件名)のことです。

職種・業種・役所によっては、
ある程度の差はありますが、
忙しいビジネスパーソン(ビジネスマン)は
だいたい1日に数十通
多い人だと百通以上メールを貰っていることがあります。
そうなってくるとどう整理していたとしても、
毎日、毎日そのような状況だと、
メールは埋もれていってしまいます。

そこで次項に関しましては、
この「件名」について
詳細を書いていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です