メール本文書き出しのマナー

就職活動(就活)において、
就職を希望する企業(会社)の資料請求や会社訪問の
アポイントメントはもちろん、お礼状・打合せ・連絡など、
多くの場面でE-メールを使うようになりました。

メールの書き方で
案外、気を使わなければならない個所は
「書き出し」です。

就活メールの書き方として、
書き出しは無難な形
書かなければなりませんので、
ある程度の書き方のパターン
知っておくと何かと便利です。

ビジネスメールの書き方は、
「宛名→あいさつ→本文→結び→署名」
基本の流れとなります。

返信メールの際は若干異なりますが、
こちらからメールを送る際は、
「宛名→あいさつ→本文→結び→署名」
が基本です。

社会人のマナーとして、
まず知っておかないとならないのが、
【あいさつ】です。

まずは
「○○株式会社 人事部人事課
採用担当 □□様」
というように、
会社名、部署名、役職名、宛名を
メールの冒頭に書きましょう。

企業や部署宛てなら「御中」を、
個人宛てなら「様」を付けるのが
基本マナーです。

その後のあいさつですが、
気をつけておかなければならないのが、

「あなたは相手のことを覚えているかもしれないが、
相手はあなたことを覚えていないかもしれない。」

ということです。
あなたは担当の方を覚えているかもしれませんが、
担当者は多くの方々に出会って、
学生はもちろんのこと、
多くのビジネスマン、社会人の方に出会い、
覚えておられない可能性があります。

そこで記憶に残っていない可能性を踏まえて
「私は現在、就職活動をしております
~大学~学部の○○と申します。」
といった自己紹介は、
冒頭に必ず入れておきましょう。

何より書き出しによって、
相手に与える印象も異なってきますので、
注意しましょう。

では次項に関しましては、
手紙とかで使われる挨拶文
メールでも必要かどうか?
ということを書かせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です