間違えやすい敬語一覧パート3

就職活動(就活)において、
就職を希望する企業(会社)の説明会や応募の
アポイントメントはもちろん、お礼状・選考時・面接時など、
日程変更・キャンセルや辞退・断りメール、内定承諾メールなど、
多くの場面で採用人事宛にE-メールを使うようになりました。

間違えやすい敬語の対策方法
前々回と前回に書かせて頂きました。

 ・間違えやすい敬語一覧パート1
 ・間違えやすい敬語一覧パート2

今回も間違えやすい敬語の続き
例文、文例を書いていきたいと思います。
就活サイトを使ったりする方にも必見です。

【10、すいません】
⇒そもそも「すいません」
という言葉は存在しません。
口語で存在する言葉です。

本来は辞書的な意味でも
『すみません』が正しい言い方です。
目上の方に言う時は、特に注意しましょう。

また社内では『すみません』で良いのですが、
相手が部外者の方では『大変申し訳ございませんでした』
書いた方が良いです。

【11、教えてください】
⇒「教えてください」だと
上から目線になります。
『ご教示いただければ幸いです』
正しい言い方です。

【12、確認をお願いします】
⇒間違った表現ではないのですが、
より丁寧に言いたい場合は、
『ご査収ください』という文にした方が良いです。

【13、大丈夫です】
確認メールの際によく書きがちですが、
ビジネスメール上は
『問題ございません』が正しい言い回しです。

【14、送りました】
添付メールの際に書きがちなことですが、
『~をお送りいたしましたので、ご確認ください』
と書くべきです。

【15、お断りします】
選考辞退就活面接辞退メール
といった断る際に書きがちな言葉です。
正しい表現としては『お受けいたしかねます』
と書くべきです。

では次項につきましては、
メールで伝えても良い内容、伝えてはダメ内容
書いていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です