間違えやすい敬語一覧パート4

就職活動(就活)において、
就職を希望する企業(会社)の説明会や応募の
アポイントメントはもちろん、お礼状・選考時・面接時など、
日程変更・キャンセルや辞退・断りメール、内定承諾メールなど、
多くの場面で採用人事宛にE-メールを使うようになりました。

就活メールで送る際に、
内定・内々定はもちろんのこと
内定式イベントなどの辞退
何かのお詫びというものは、
メールでは送るべきではありません

例えばですが、
内定辞退を決断したら、
出来るだけその時点で内定辞退を申し出ましょう。

特に内定式当日に無断欠席することは
絶対に許されることではありません

採用者を決定した企業側は、
その採用者のために様々な準備をすることになり、
内定辞退により部屋割り、
食事の手配などそれに関わる
全てを変更しなければならなくなります。

そのため内定辞退はできるだけ早く
担当者へ直接電話をしてその旨を伝えましょう。
メールで送るのはよろしくありません

とはいえ、手紙では時間がかかるため、
まずは電話で直接担当者へ伝え、
これに加え手紙を出すと尚良いです。

電話でも手紙でも伝える際は、
同じ人事担当の方に送りましょう。
とは言え、電話をしたとても
必ず担当者へ伝わるとは限りません。

その際に再度電話するのが面倒だからといって代わりに
電話に出た人に伝言を頼んだり
メールをだけで済まそうとするのは論外です。

こういった面接辞退のメール
ビジネスお詫びメールやお詫びメールの書き方を
勉強するのも良いですが、
電話の仕方を勉強しても良いと思います。

では次項からは就活・就職関連で使いがちな
例文・テンプレートを書いていこうと思います。

緊急性が高いメールはなるべく避けよう!2

就職活動(就活)において、
就職を希望する企業(会社)の説明会や応募の
アポイントメントはもちろん、お礼状・選考時・面接時など、
日程変更・キャンセルや辞退・断りメール、内定承諾メールなど、
多くの場面で採用人事宛にE-メールを使うようになりました。

メールを送る際に、
気を付けたいものとして
【誤字脱字】というものがあります。

誤字脱字はチェックしたら、
全てが全て、誤字脱字が
無くなるわけではありません。

しかしながら、誤字脱字は、
メールにしても、書類にしても
避けるべきことです。

特に社会人になり、
契約書関連請求書関連
誤字脱字となれば、
会社としても大損害になります。

そうならないように
誤字脱字のチェックは重要です。

誤字脱字のチェックをする際は、
1人でも手っ取り早く確認する方法は、
その書いた文章を【音読】する方法です。

声を出して文章を読み上げて
何も引っかからずに読めるか
ためしてみます。

誤字脱字があれば、
引っかかったり、読めなかったりしますので、
こういった声を出して確認する方法があります。

また重要度が低いメールでは、
あまり必要ありませんが、
重要度が高いメールでは、
【ダブルチェック】をするという手があります。

1人で確認するのではなく、
誰か別の方も確認してもらう方法です。
ただ、この方法は手間暇がかかるので、
緊急性が高く、すぐに送らないといけなさそうな
メールの場合は、すぐに送ってしまうか、
メールを送らず、電話をかけて
担当者に直接メールの送信内容を言ったりしましょう。

書類でも、メールでも、
誤字脱字には注意が必要です。

では次項に関しましては、
使ってはいけない略字について見てこうと思います。

緊急性が高いメールはなるべく避けよう!

就職活動(就活)において、
就職を希望する企業(会社)の説明会や応募の
アポイントメントはもちろん、お礼状・選考時・面接時など、
日程変更・キャンセルや辞退・断りメール、内定承諾メールなど、
多くの場面で採用人事宛にE-メールを使うようになりました。

就活時でも、社会人になってからでも、
メールを送る際に注意するべきことは、
そのメールが「緊急性が高いかどうか」です。

例えば、説明会内定式が明日にあったとしたら、
日程調整や日程変更のことで
メールを送ったり、返信しているようでは
遅い場合があります。

前日遅い時間や、
当日の予定変更や緊急の連絡には
メールを使ってはいけません

担当者がメールを確認できる状態とは
限りませんので、
メールを見ていない可能性があります。
話しづらい内容でも、電話をするべきです。

相手から緊急性が高いメール
来た場合も同じです。
返信するのではなくて、
なるべくなら電話で連絡しましょう。

ビジネスメールを送る際は、
重要性がそこまで高くないメールや
緊急性を要さないメール
送る形にするべきです。

とは言え、緊急性を要さないメールでも、
「メールは、原則24時間以内に返す」
ことが大切ですし、
毎日1度メールのチェックをするべきです。

すぐに回答ができない内容の場合は、
必ず1度返信しましょう。

「お待たせして申し訳ありませんが、
○日までには改めてご連絡いたします。」

とします。何らかの都合で
メールを見られないことがあったとしても
メールを貰ってから2日以内には
返信するべきです。

何事も迅速に行動していきましょう。

では次項につきましては、
誤字脱字のチェックに関することを
書かせて頂きます。